福祉のひろば Square of welfare

トップページ >

2108guravure (2).jpg

長崎にて、原爆の日をおもう
  

月刊「福祉のひろば」
2021年8月号

最新号

福祉のひろば2021年8月号

特集

平和をめざし、守るためにできること

本誌では毎年八月号で、戦争や平和のことを考えています。とくに、戦争を経験した世代の人たちがいなくなってしまうなかで、第二世代、第三世代の私たちが、 なにをどう伝えることができるのかが問われています。

昨年の本誌八月号で永田浩三さん(元NHKプロデューサー、ジャーナリスト)が、各家庭にテレビが普及したころに起きたベトナム戦争は 、その悲惨なようすがテレビを通して茶の間に流されたことから、「リビングルーム・ウォー(茶の間戦争)」と呼ばれていたと書かれていました。 そして、戦地の映像やジャーナリスト、キャスターが語りかけた反戦が、戦争反対の世論を大きくあと押ししました。

インターネットが普及したいま、いままさに戦争が起きている国、武力攻撃や弾圧、デモが起きている国のようすを、手元のスマホでリアルタイムに見ることができます。 テレビと大きく違うのは、流れてきたものに対して、受け取った人がすぐに反応を返せるということでしょうか。 武力攻撃する人や国を批判し、抑圧され・攻撃されている人々に応援のメッセージをとどけることができます。 武力以外の解決方法や平和の大切さを伝え、共感し、つながりあうことができます。

戦争体験者のリアルな話を聞くこと、現地で被爆遺構に触れること、民主化を勝ち取るために命をかけてたたかっている人たちの思いを知ること、 本や動画、SNSなど、戦争や平和を考えるきっかけは溢れています。一回だけでは記憶に残らないかもしれません。 一〇人に伝えても、心に響くのは一人かもしれません。それでも、なにかのきっかけやタイミングで、聞いたこと、学んだことが自分の経験とつながり、ストンと心に落ちることがあるはずです。 そのきっかけをつくりつづけ、発信しつづけることが、私たちができること・すべきことなのだろうと思います。 最新号の詳細はこちら

お知らせ一覧を見る

定期刊 総合社会福祉研究 社会福祉に関する優れた研究を集めた論文誌です。(年2回発行)一覧を見る

  • 総合社会福祉研究 48
  • 総合社会福祉研究 47
  • 総合社会福祉研究 46
  • 総合社会福祉研究 44
  • 総合社会福祉研究 45
  • 総合社会福祉研究 49 注目
  • 紀要50号表紙.jpg 新刊
論文の投稿はこちら

書籍 書籍は全品送料無料一覧を見る

  • 光なき者とともに
  • ようこそ相談室へ
  • なにわ銭湯いろはカルタ
  • 寒月
  • 真田 是(さなだ なおし)著作集 全5巻 注目
  • されど、相澤與一
  • じんけん・権利の再はっけん 新刊
有限会社福祉のひろば

〒543-0055 大阪市天王寺区悲田院町8-12
国労南近畿会館3階 電話06-6779-4955