書籍のご注文

オンラインストア「福祉のひろば オンライン」からご注文頂けます!(クレジットカード決済対応)

メーリングリスト
総合社会福祉研究所個人会員限定

新規申込

発売中!

真田是(なおし)著作集 全5巻販売中!

動画配信


社会福祉イベントを生中継!
インターネット中継はこちら



社会福祉イベントの録画を
配信する保管庫はこちら

ストアから

送料PR 定期購読 電子書籍案内

 

関連リンク

福祉のひろば2019年3月号

特集

第23回合宿研究会
社会福祉労働者 養成と確保


今号の特集、一月初旬に行われた総合社会福祉研究所「合宿研究会」の様子を浜岡政好副理事長の閉会にあたってのあいさつ概要から紹介します。

浜岡政好(総合社会福祉研究所副理事長)
 「社会福祉労働者の養成と確保」という今回のテーマには、「社会福祉労働者」と「養成」と「確保」という3つのキーワードがあったと思います。

 "介護サービス人材"や"介護労働力"などの言い方がされますが、それと「社会福祉労働者」とのつながり方とギャップを考えると、国はずっと介護サービス分野の労働力政策をどうするか、人材をどう調達するかという進め方であることが分かります。我々の側からは社会福祉労働者の養成や確保にどう取り組むかということになると思います。

 その場合の「養成」というキーワードは、ある種の型、必要なサービス労働の型にはめ込んで使えるものとして育成していくわけですから、社会福祉労働者育てたり、支援していくかという視点には単純には結びつかない。どうやって切り替えて人権保障の担い手としての社会福祉労働者を育てていくかを考えさせられるわけです。

もう一つは「確保」についてです。安倍首相は高齢と少子社会にどう対応するかということで、介護労働力不足を「国難」として見ているわけです。まるで第二次大戦中、高度国防国家の労働力調達政策などというものを彷彿とさせる使い方をされている。我々の側から確保とは何か、どう取り組んでいく必要があるのかを色々と考えさせられました。

 「社会福祉労働者の養成と確保」の主語は誰か。国家がこのキーワードを振り回しているのか、事業者が迫られて養成と確保を考えていくのか、それとも国民が、地域住民や市民が。自分たちの社会や生活の未来を考えたときに、国民サイドから「社会福祉労働者の養成と確保」がもう一度問い直されないと、ほんとうの意味で状況を変えることにつながらないんじゃないかと思いました。

最新号の詳細はこちら

福祉のひろばからのお知らせ

2019年02月18日
2019/3/15(金)10~16時 釜ヶ崎のまち短期留学 兼 第216回まちづくりひろば
2018年12月17日
年末年始休業期間中の雑誌の発送について
2018年12月02日
2019/1/12(土)~13(日) 第23回 合宿研究会 in 京都 開催のご案内
2018年09月06日
第12回(2018年度) 京都社会福祉講座 開講のお知らせ
2018年05月11日
第31回社会科学・社会福祉基礎講座 開講のお知らせ
2018年05月11日
2018/8/25(土)~8/26(日) 第24回 社会福祉研究交流集会 in 大阪
2018年01月23日
2018/3/13(火)10~16時[予定] 釜ヶ崎のまち短期留学
2018年01月19日
総合社会福祉研究48号(電子書籍)を発行しました
2017年12月26日
年末年始休業期間中の雑誌の発送について
2017年12月11日
第3回 陸前高田学校開催のお知らせ(2018/3/1~3/4)

新着

関連書籍のご紹介

ともに、つなげ、ひろげる
―東日本大震災と私たち―
シリーズ「新しい発達と障害を考える本」


ご注文は「全国障害者問題研究会   」まで


献本していただきました!

監修者:内山登紀夫 / 定価:各1,890円(税込)
発行:ミネルヴァ書房

1) もっと知りたい! 自閉症のおともだち
2) もっと知りたい! アスペルガー症候群のおともだち
3) もっと知りたい! LD(学習障害)のおともだち
4) もっと知りたい!ADHDのおともだち

あなたも研究所の会員に!

総合社会福祉研究所は、すべての人びとのいのちとくらしをささえる諸権利・制度の発展に寄与するため、1988年に設立されました。主として社会福祉及び関連分野の総合的な調査、研究を行い、その成果を広く普及することを目的としています。あなたも会員になって、社会福祉の未来をともにひらく研究・学習活動に参加しませんか?

会員になるには?