書籍のご注文

オンラインストア「福祉のひろば オンライン」からご注文頂けます!(クレジットカード決済対応)

メーリングリスト
総合社会福祉研究所個人会員限定

新規申込

発売中!

真田是(なおし)著作集 全5巻販売中!

動画配信


社会福祉イベントを生中継!
インターネット中継はこちら



社会福祉イベントの録画を
配信する保管庫はこちら

ストアから

送料PR 定期購読 電子書籍案内

 

関連リンク

福祉のひろば2016年8月号

特集


原爆被爆者の人生を伝えたい
──大阪福祉事業財団の副施設長16人が向き合った広島被爆体験者との出会い

 

さて、例年8月号は、平和と福祉をテーマに発信してきました。「来年(今年のこと)の8月号の企画はどうしようか」と模索のなか、昨年の8月6日に広島でお会いした林正男さんのことが頭から離れません。「この貴重な体験を福祉現場のなかで共有にできないものか、そして、その推移を本誌で発信してみよう」と発行元の大阪福祉事業財団の小山さん(現高鷲学園施設長)に相談しました。そして、副施設長の方々に広島原爆被爆者に直接お話をうかがう、いわゆる聴き取り調査を実施してみようとの企画に至りました。

原爆被爆者から直接、体験をうかがえる機会は、限られてきました。例年8月号では、憲法9条と25条は不可分だと伝えてきました。とくに、違憲の安保法制の強行の現代的問題、福島第一原発事故をはじめ、その後の原発再稼働の動きや海外に原発の売り込みをおこなう政権のすがたなど、一部にある原爆被爆と原発事故が別問題のような風潮も流れるなかで、日本で起こった広島・長崎の原爆被爆を風化させずに、当事者の体験を生でうかがう機会がもつ意味は、例年以上に重要になっています。

同時に、今年から18歳選挙権が施行されました。若い方々に、その体験を伝える責務はなんでしょうか。もちろん、わかりやすく伝える技量も必要ですが、やはり体験した心を伝えたいと思います。

平和と福祉を、読者の皆さんと共に考えたいと思います。また、みなさんからのご意見やご感想をお寄せください。 (編集主幹) 最新号の詳細はこちら

福祉のひろばからのお知らせ

2016年07月25日
第35回原爆被害者証言のつどいのご案内
2016年07月19日
第10回(2016年度) 学んで元気!いきいき京都社会福祉講座 開講のお知らせ
2016年06月07日
2016/9/3(土)~9/4(日) 第22回社会福祉研究交流集会 in 京都 ご案内
2016年04月26日
社会福祉法人・事業所 人事教育担当者研修会のお知らせ(全4回)
2016年03月04日
2016/4/2(土) 現代貧困問題研究会のご案内 「無料低額診療事業の役割と課題」
2016年01月19日
2016/2/28(日) シンポジウム「こどもは社会の中で本当に大切にされている のだろうか」-児童福祉施設に生きる、通うこどもたち-
2016年01月13日
2016/2/16(火) 釜ヶ崎のまち短期留学 ~社会問題としての貧困を、野宿をとらえる~
2015年12月11日
2016/3/10~13 陸前高田学校開催のお知らせ
2015年11月16日
2016/1/9(土)~10(日) 第20回 合宿研究会 in 京都 (大谷大学) 開催のお知らせ
2015年10月03日
10/31(土) シンポジウムのご案内「動き出した生活困窮者自立支援法」

新着

関連書籍のご紹介

ともに、つなげ、ひろげる
―東日本大震災と私たち―
シリーズ「新しい発達と障害を考える本」


ご注文は「全国障害者問題研究会   」まで


献本していただきました!

監修者:内山登紀夫 / 定価:各1,890円(税込)
発行:ミネルヴァ書房

1) もっと知りたい! 自閉症のおともだち
2) もっと知りたい! アスペルガー症候群のおともだち
3) もっと知りたい! LD(学習障害)のおともだち
4) もっと知りたい!ADHDのおともだち

あなたも研究所の会員に!

総合社会福祉研究所は、すべての人びとのいのちとくらしをささえる諸権利・制度の発展に寄与するため、1988年に設立されました。主として社会福祉及び関連分野の総合的な調査、研究を行い、その成果を広く普及することを目的としています。あなたも会員になって、社会福祉の未来をともにひらく研究・学習活動に参加しませんか?

会員になるには?