書籍のご注文

オンラインストア「福祉のひろば オンライン」からご注文頂けます!(クレジットカード決済対応)

メーリングリスト
総合社会福祉研究所個人会員限定

新規申込

発売中!

真田是(なおし)著作集 全5巻販売中!

動画配信


社会福祉イベントを生中継!
インターネット中継はこちら



社会福祉イベントの録画を
配信する保管庫はこちら

ストアから

送料PR 定期購読 電子書籍案内

 

関連リンク

福祉のひろば2017年5月号

特集

子どもの貧困、陸前高田学校によせて

 ◆『福祉のひろば』と子どもの貧困
 『福祉のひろば』が、子どもの貧困問題を本格的に取り扱ったのは二〇〇八年一〇月号でした。そのタイトルは、〈「子どもの貧困」に向き合って──容認できない子ども時代の不平等、不公正の実態と解消のために──〉でした。
 当時、山梨立正光生園園長だった山田勝美さんは、施設で暮らす子どもたちの「あてのなさ」を問いかけました。子どもが大学進学を希望しても、国の制度として認められていない。加えて、高校を卒業して家庭復帰できなければ、基本的に施設には入れない。就職して、一八歳の段階で、どの程度将来を確信して選択できているのだろうか。将来を迷える時間と場が充分に保障されていないのである。(抜粋)
 確かに、進学や施設入所の延長は一部認められてきました。しかし、制度が柔軟になったからといって、子どもたちの現実が生やさしいものでないことは変わりありません。多くは、施設という常に見守りのあった生活から、自立という名の「自己責任」の社会に、帆の上げ方も舵の取り方も、大人社会での生き方や関わり方を知らずに、船出するのです。施設の職員たちも、不安を抱えながら、「いつでも相談しにおいでや」と声をかけながらも、目の前にいる子どもたちにその目線を戻していくのです。

 今号の特集では、「子どもの貧困」というテーマと、「第二回陸前高田学校」の概要を取り上げました。戸羽太市長は講演で「震災の教訓を踏まえ、私たちは集え、人として生きる包摂のまちをつくりたい」と語られました。社会のなかで生きる、暮らす場の存在と、その場を維持し、専門的にサポートする人々の存在は子どもの貧困においても震災復興においても、共通の課題であり、震災から六年、子どもの貧困問題を大きく取り上げて一〇年近くなりますが、それらは今も求められ続けています。(編集主幹)
最新号の詳細はこちら

福祉のひろばからのお知らせ

2017年04月15日
第30回社会科学・社会福祉基礎講座 開講のお知らせ
2017年01月10日
総合社会福祉研究47号(電子書籍)を発行しました
2016年12月20日
2017/3/7(火)釜ヶ崎のまち短期留学 ~釜ヶ崎から見る貧困、子ども・若者のいま~(仮題)
2016年11月22日
2017/1/7(土)~8(日) 第21回 合宿研究会 in 大阪 開催のお知らせ
2016年11月22日
第2回 陸前高田学校開催のお知らせ (2017/2/22-24)
2016年07月25日
第35回原爆被害者証言のつどいのご案内
2016年07月19日
第10回(2016年度) 学んで元気!いきいき京都社会福祉講座 開講のお知らせ
2016年06月07日
2016/9/3(土)~9/4(日) 第22回社会福祉研究交流集会 in 京都 ご案内
2016年04月26日
社会福祉法人・事業所 人事教育担当者研修会のお知らせ(全4回)
2016年03月04日
2016/4/2(土) 現代貧困問題研究会のご案内 「無料低額診療事業の役割と課題」

新着

関連書籍のご紹介

ともに、つなげ、ひろげる
―東日本大震災と私たち―
シリーズ「新しい発達と障害を考える本」


ご注文は「全国障害者問題研究会   」まで


献本していただきました!

監修者:内山登紀夫 / 定価:各1,890円(税込)
発行:ミネルヴァ書房

1) もっと知りたい! 自閉症のおともだち
2) もっと知りたい! アスペルガー症候群のおともだち
3) もっと知りたい! LD(学習障害)のおともだち
4) もっと知りたい!ADHDのおともだち

あなたも研究所の会員に!

総合社会福祉研究所は、すべての人びとのいのちとくらしをささえる諸権利・制度の発展に寄与するため、1988年に設立されました。主として社会福祉及び関連分野の総合的な調査、研究を行い、その成果を広く普及することを目的としています。あなたも会員になって、社会福祉の未来をともにひらく研究・学習活動に参加しませんか?

会員になるには?