福祉のひろば Square of welfare

トップページ > 福祉のひろば > 福祉のひろば 2015年12月号

福祉のひろば 2015年12月号商品コード:hiroba-201512

販売価格(税込):540 円
ポイント: 0 Pt
数量 
かごに入れる 電子書籍版はこちら
社会福祉事業の運営に不可欠な事業運営の財源は、どのように生み出されているのでしょうか? 

障害福祉施設、児童福祉施設、高齢福祉施設、保育所など社会福祉施設事業の運営は、利用される方々の人としての生活や発達、成長や文化的な生活を保障する「場」として成り立つための「人、物、金、施設・設備等」が必須となります。

社会福祉事業運営の多くは、地方自治体と社会福祉法人が担っていましたが、地方自治体の担う割合が低下し、国は社会福祉事業への公費支出を抑制してきました。

最近では、社会福祉事業の公的責任を横に置き、民間企業と社会福祉法人とを比較したりして、利用者のサービスの対価で運営させるしくみで、社会福祉事業そのものに、自助努力、法人内共助、外部資金の導入などの考え方を持ち込んでいます。

社会福祉事業報酬問題研究会は、社会福祉事業の位置と役割、歴史的な経過のなかで、事業の運営費がどのように変化してきたのか。
そもそも、この社会福祉事業を運営するコスト自身が、しっかりした根拠をもってとりくまれてきたのか。
同時に、今の社会福祉事業の現実の中で、どのような根拠を持つべきなのかを考えてみよう、と五回にわたって行われました。

そもそもの社会福祉事業における報酬の根拠を提言することをめざしつつも、今回の到達を紹介します。

【ひろばトーク】

支援の質を決める社会福祉事業報酬の引き上げを   小倉 康司

●特集● 社会福祉事業報酬の根拠って、あるの?

基本報酬が削られ、職員の非正規化が加速
──介護報酬の考え方と経緯

介護保険制度との統合をにらみつつ費用抑制のしくみを導入
──障害福祉サービスの報酬単価の変遷・特徴

社会福祉から「見守り」、「教育」へ
──保育の公定価格の考え方と経緯

民間社会福祉のレーゾン・デートル(存在意義)の変遷とその対価   黒田 孝彦

福祉労働の質を維持できる人件費算定根拠の確立を   石倉 康次

年表 社会保障・社会福祉制度の変遷 おもなできごと

●トピックス●

秘境のたびシリーズ第2弾 
    高知県馬路村から徳島県旧海部町に   黒田 孝彦

10・28生活保護アクションin日比谷
  引き下げアカン!と参加しました   雨田 信幸

行政書士の仕事と生活保護申請手続き   岡  晃敏

追悼 朝日健二さん   高木 博史

軍隊、戦争では、平和も、安全も、命も守れない 山本 政幸

●連載●

フォーラム フクシマの地を訪れて   西浦  哲

相談室の窓から  理念を仕事に活かす職員研修    青木 道忠

ソーシャルワークの原点と息吹を感じて
   インタビューから明らかになったこと(1)   伊藤 文人

育つ風景 保護者と保育者がわかりあうには   清水 玲子

「助けて!」って言ってもええねんで!
   実家に頼れない     徳丸ゆき子

全盲夫婦の出会いから 二人三脚のあゆみ
   子どもの頃の思い出 勝夫(4)    千田勝夫・絹枝

映画案内 『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』   吉村 英夫

現代の貧困を訪ねて 日本の殺人と犯罪  生田 武志

なにわ銭湯見聞録(32) ラッキー植松
   銭湯の歴史・その1~お風呂はホトケさんとごいっしょに

いただきます! ふわふわ、もちもち、不思議な食感 ポンデケージョ   東桃谷幼児の園

ホームレスから日本を見れば ありむら潜

花咲け!男やもめ 川口モトコ

みんなのポスト /福祉の動き /今月の本棚 

●グラビア● 
 「1億総活躍」に障害があるわたしたちは入っているのですか?

現在のかごの中

合計数量: 0
商品金額: 0円
かごの中を見る

ログイン


メールアドレスを記憶する

パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録
送料PR 定期購読 電子書籍案内
有限会社福祉のひろば

〒543-0055 大阪市天王寺区悲田院町8-12
国労南近畿会館3階 電話06-6779-4955