書籍のご注文

オンラインストア「福祉のひろば オンライン」からご注文頂けます!(クレジットカード決済対応)

メーリングリスト
総合社会福祉研究所個人会員限定

新規申込

発売中!

真田是(なおし)著作集 全5巻販売中!

動画配信


社会福祉イベントを生中継!
インターネット中継はこちら



社会福祉イベントの録画を
配信する保管庫はこちら

ストアから

送料PR 定期購読 電子書籍案内

 

関連リンク

福祉のひろば2021年3月号

特集

いのちと暮らしを支える福祉労働

新型コロナウイルス感染症が指定感染症となり、一年がたちました。対人援助の福祉の仕事は大きな影響を受けました。経済成長ばかり重視してきた国の政策、社会のあり方が問われました。政府はこの二五年、「トリクルダウン」を主張してきました。 しかし現実は、儲けた企業や個人は富を溜め込み、労働者には落ちてきていません。昨年の自殺者数は前年度比で七五〇人増えました。女性や若年層の増加が目立ちます。コロナ禍で多くの人が職を失い、年末には全国で支援団体による相談会や炊き出しがおこなわれました。子ども食堂は前年度から一三〇〇か所以上増えています。 菅総理は、「自助・共助・公助」が理念だと語り、「まずは自分でやってみる」という「自己責任」をおしつけ、医療・福祉現場や困窮している国民への支援には積極的にとりくもうとしません。 一月に開催された第二五回合宿研究会では、福祉現場から、コロナ禍の経験と課題について報告していただきました。寄稿いただいた大阪府職員関係労働組合の保健師さんのキャンペーンは、六万人の署名をあつめ、メディアに取り上げられています。 国が進めてきた効率性、生産性、経済成長だけでは社会はまわらない、国民の生活は守られないことが、この一年であきらかになりました。これからは、経済の成長ではなく国民のくらしを支えてきた私たちの仕事、実践の中身、その専門性の高さをより大きく、広く発信していくと同時に、私たちがめざす暮らしや社会の"ゆたかさ"とはなにか、ことばにしていくことが求められているのではないでしょうか。『福祉のひろば』でも、そうしたゆたかな福祉実践や人間的な成長と発達、その先にあるだれもが大切にされる社会のあるべき姿を、発信していきたいと思います。

最新号の詳細はこちら

福祉のひろばからのお知らせ

2020年12月21日
「コロナ禍で福祉に働くひとの声 アンケート調査」の回答はこちらから
2020年11月20日
2021/1/9[土] 第25回 合宿研究会(会場+オンライン) 開催のご案内
2020年10月16日
日本学術会議会員候補の総理大臣による任命拒否についての声明を発表しました
2020年10月02日
2020/10/16(金)【オンライン参加可】第7回釜ヶ崎のまち短期留学 「リーマンショックとコロナ禍 生活困窮支援の方向性を探る」
2020年09月01日
第14回(2020年度) 京都社会福祉講座 開講のお知らせ
2020年05月29日
第33回社会科学・社会福祉基礎講座 開講のお知らせ
2020年03月16日
【開催延期】2020/4/18(土) 釜ヶ崎のまち短期留学 ~釜ヶ崎での若者支援を模索する~
2019年11月18日
2019/1/11(土)~12(日) 第24回 合宿研究会 in 京都 開催のご案内
2019年06月30日
2019/8/31(土)~9/1(日) 第25回 社会福祉研究交流集会 in 東京
2019年06月24日
第32回社会科学・社会福祉基礎講座 開講のお知らせ

新着

関連書籍のご紹介

ともに、つなげ、ひろげる
―東日本大震災と私たち―
シリーズ「新しい発達と障害を考える本」


ご注文は「全国障害者問題研究会   」まで


献本していただきました!

監修者:内山登紀夫 / 定価:各1,890円(税込)
発行:ミネルヴァ書房

1) もっと知りたい! 自閉症のおともだち
2) もっと知りたい! アスペルガー症候群のおともだち
3) もっと知りたい! LD(学習障害)のおともだち
4) もっと知りたい!ADHDのおともだち

あなたも研究所の会員に!

総合社会福祉研究所は、すべての人びとのいのちとくらしをささえる諸権利・制度の発展に寄与するため、1988年に設立されました。主として社会福祉及び関連分野の総合的な調査、研究を行い、その成果を広く普及することを目的としています。あなたも会員になって、社会福祉の未来をともにひらく研究・学習活動に参加しませんか?

会員になるには?