福祉のひろば Square of welfare

トップページ > 福祉のひろば > 福祉のひろば 2014年8月号

福祉のひろば 2014年8月号商品コード:hiroba-201408

販売価格(税込):540 円
ポイント: 0 Pt
数量 
かごに入れる 電子書籍版はこちら
平和と福祉は憲法の基軸です。例年、8月号はこの原点に立ち返ります。

「社会事業が戦時体制に組み込まれた歴史を繰り返さないために」と題して、社会事業史の研究者の立場から、戦前の社会事業が戦時体制に組み込まれていく動き、そして現在の社会事業の動きについて、社会事業史学会会長である永岡正己さんにお話をうかがいました。

 5月27日、丹後半島・経ヶ岬(京丹後市)で、近畿地方にはじめてとなる米軍基地建設工事がはじまりました。地元の京都府や京丹後市に事前連絡がないままの着工です。5月22日に現地視察に行き、実際に建設予定地をみて、現地の方々からお話をうかがいました。

●表紙の絵●
神門やす子
●カット●
 川本 浩

【ひろばトーク】
支え、ともに感じ、向き合える大人になりたい 仁藤 夢乃  

●特集● 平和と福祉シリーズ 戦争と福祉は両立しない
石倉康次編集人の声明
社会事業史学会会長(永岡正己さん)に聞く
京丹後市経ヶ岬を133番目の米軍基地にはしない 三野みつる
いっさい解決されない安心・安全への不安 増田光夫
米軍誘致は地域の問題を解決しない
視察参加者のかんそう

●トピックス●
けんぽうの意味をしり、発信する──若者憲法集会
学費の心配なく大学に通えたら……
改悪生活保護法の後押しを許さない
第20回社会福祉研究交流集会inおおさかにいらっしゃい_
介護福祉専門職における現場の育成力に関する研究
願いがかなった日から40年! これからの障害児の教育を考えるつどい!
学童保育のこれからを考える

●連載●
フォーラム 福祉労働者が壊れていく 前田 鉄雄
あれから3年……釜石・東日本大震災を記録する会代表
 五、ガレキに覆われた凄惨な光景に悪夢を見る思い 前川 慧一
相談室の窓から D男さんの思いを探って(その1) 青木 道忠
わらじ医者 早川一光の「よろず診療所日誌」 早川 一光
育つ風景 保護者の不安に気づく 清水 玲子  
いっぽいっぽの挑戦(17)
 沖縄で福祉にたずさわるソーシャルワーカーとして 繁澤 多美
映画案内 『だいじょうぶ3組』 吉村 英夫
現代の貧困を訪ねて 生田 武志
 「大阪市生活保護行政問題調査団」活動の報告
なにわ銭湯見聞録(拾六) ラッキー植松
いただきます!
 いつまでもおいしく! やわらかお肉料理 貝塚こすもすの里
ホームレスから日本を見れば ありむら潜
花咲け!男やもめ 川口モトコ

みんなのポスト /今月の本棚 /福祉の動き 
●グラビア● 戦争と平和、独立──チェコ・プラハを訪ねて──

現在のかごの中

合計数量: 0
商品金額: 0円
かごの中を見る

ログイン


メールアドレスを記憶する

パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録
送料PR 定期購読 電子書籍案内
有限会社福祉のひろば

〒543-0055 大阪市天王寺区悲田院町8-12
国労南近畿会館3階 電話06-6779-4955